SutalogNeo

落人でも伝えたいことがある 鈴木 貴重 Suzuki Takasige

書評

#2 レバレッジ・リーディング

投稿日:2015-12-02 更新日:

2ka3_書評_sc

今回は、ビジネス書の「多読」で、取り上げます。

本書は、正確には、
100倍の利益を稼ぎ出す
ビジネス書「多読」のすすめ
レバレッジ・リーディング
とあるが、最初の100倍の利益を稼ぎ出すは、スルーした方が、いいだろう。

ケースに登場する会社の抱える問題を解決し、成功に導くための方策を考えるためです。

とある。

本ブログでは、今後もビジネス書の書評を投稿していくが、こうした事を念頭において購読することを、特に強くすすめる。

2004年のデータだが、本・雑誌の購入金額の円グラフがある。

本書より数値のみ引用
1万円以上 3.6%

5,000~1万円未満 3.8%

3,000~5,000円未満 23.1%

1,000~3,000円未満 34.0%

みての通り、ビジネス書に、結構な額をかけている(かけられる)層は、7.4%である、10%もいない。

3,000~5,000円未満の23.1%は、専門書を読まなれればいけない場合など、急にに必要に迫られて買った場合などもあるかもしれない。私もWordPressやhtml、CSSなどを所持しているが、安くても2000円ほどなので、数冊買う場合は、5000円近くなってしまう。

1・選択方法

著書は、できるだけ実務家の経験を書いた本を読むようにしているようです。

これには、私も、同感で、例えば、スティーブ・ジョブズの本を読んで、スティーブ・ジョズブになれる人はいないと思います。

※都合よく、ジョブズの言葉を利用する人は、多いでしょうが…

また、学者が書いている本は、社会学の要素が取り込まれている場合などがあるため、それは、実務にかなうかというと適わない部分が大半だと考えております。

2・目的を明確に

「目的をもって本を選ぶ」

私自身の失敗を挙げると、叔父から、「貴重君には、営業は向いていないよ」と言われたのに、営業マンになろうとした時期があり、営業マンのビジネス書を買ったことがあり(しかも、1冊ではなく、2・3冊)

此の点は、今後も忘れないように、していきたいと思います。

3・P110より 本の16%を理解せよ。

「重要な100項目を全部拾ってみせる」という意気込みで読んだとしましょう。しかし、その100項目すべて読んだところで、一つ残らず実践で役に立つかといったら、決してそんなことはないのです。

ビジネス書を多く購読してしまう人が陥るところだと思いますので、忘れないようにした方が、良いと思います。

4・多読という熟読

レバッレジというと、小さい力で、大きく動かすということですが、本書では、如何に、自分に会う本を、熟読(余白にガンガン書き込みをいれ、汚すように使い倒す)することにより、力を徐々につけていくようにする考えると非常にとっつきやすいと思います。

最後に、私なりの解答として

何千円から1万円も、ビジネス書を買える人は少数派。重要な1冊を熟読の方が、重要と考えております。
よって、本書は、それなりに買いの一冊なのではないかなっと思います。

-書評
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

#1 TIME HACKS!タイムハックズ

本書は、2006年12月14日 第1刷発行 <※注意> 2012年に文庫収録され加筆されているようです。 当ブログ、最初の書評は、時間を、いかにうまく使うか、その手段を論じている本を選択しました。 そ …

Author 著者


follow us in feedly

1978/9/10 生 岩手県在住 ガラケー使い WindowsノートPC メインブラウザ Firefox

カテゴリー